top of page
  • 執筆者の写真コウスケ

娘がどんな男を連れてくるかは父親の子育て次第?


我が家は第一子が娘です。


娘が生まれると周囲から

結婚式で泣くんじゃないの?

とか

娘がそのうち彼氏連れてくるよ

とか

冷やかされるものです。


特におじさんはそういうの言いたがります。

自分にも娘がいるくせにね。


そんなとき、

ふと目に入った記事がありました。


『娘がどんな男を連れてくるかは父親にかかっている』


と書かれたアメリカの記事でした。


同じものはどこに行ってしまったのか

見つからないのですが、

記事にはどこぞの大学の研究レポートも

添えられていた記憶があります。

元記事をご紹介できないのが悔しいです!



それを見て、責任重大だと感じました。

よくある結婚の挨拶のテンプレとかって

頑固親父が

「あんなやつ認めん!」

みたいに反対するイメージあるじゃないですか。


それって結局自分の子どもとの関わり方の結果が

回り回って20年後に自身に返ってきてるってこと

なわけで。


結局自分の関わり方がまずかったおかげで

娘がクズな彼氏を連れてきたり

クズな男と結婚して苦労したり

それを見て今更ながらハラハラ心配したり

後悔したとしても後の祭り。


娘がいるお父さん方、

今からでも娘との関わり方を見直してみませんか?


ちなみに、先日僕は

娘から彼氏ができたと告白されました。

その時の話はこちらからどうぞ





父の愛が薄いとサイコパスを引き寄せる?


僕の周りでも

サイコパス男性と付き合って

苦しい思いをした女性が何人もいます。


わかりやすく言えば

モラハラだったり

DVだったり

とにかくつらい思いをしながらも

離れられないでいる。


サイコパスってすごいですよね。

一緒にいたらダメになるって

理性でわかっているのになぜか惹かれてしまう。

アメとムチの使い方が一級品。


またこれが男性の視点でいくと

仕事はできるし

人当たりはいいし

めっちゃいいやつ

なんですよ。

仕事上では信頼できるというか・・・


そんなやつに限って

女性関係が派手だったり

いつまでも身を固めないでいたり

するんですよね。


対等な関係性だったり、

ビジネス上の関係、

つまり損得が発生するような関係においては

猫をかぶれるんだけど

自分より弱者と認定した相手(多くは交際相手の女性)

に対しては強気になったり

束縛が強くなったり

暴力行使することもある。


以上が

僕の認識しているサイコパスの定義です。


彼らがサイコパスになった所以も

両親との関係性とか

育った環境とか

色々要因があるのですが、

そこは一旦置いておいて。


こうしたサイコパスに引っ掛かってしまう女性側、

こちらにも共通点を見つけました。


それは父親との関係です。


父親から暴力を受けて育ったり、

両親が離婚して父親がいない家庭だったり、

または幼い頃に亡くなっていたり。


いずれにしても

父親の愛情が不足していた女性が

サイコパスに当たってしまっていました。


大学の研究ほど多くのサンプルを集めているわけではありませんが

これは無関係とは言えないと思います。


つまり、娘がサイコパスに当たる可能性を

低くできるかどうかは

父親の愛情表現にかかっている

と言えるのではないでしょうか。



子どもが陥るストックホルム症候群

僕の感覚的な情報だけではなく

もう少し科学的な説明を加えたいと思います。



『ストックホルム症候群』


というのをご存知でしょうか。

これは1973年に実際にスウェーデンで起こった

銀行強盗事件にちなんでつけられた症状のことです。


この銀行強盗において

人質となった人たちは

解放後も犯人をかばうなど

好意的な態度を見せました。


加害者に対して同情的または

共感的な態度をとるのは

自己防衛本能からくるものである

と専門家は解説しています。


家庭内でも同様のことが起こり得ます。

暴力や暴言で攻撃を加えてくる相手に対して

「自分が悪いんだ」とか

「かわいそうな人だから」とか

「自分がいないとダメだから」

といった感情を持ってしまうのです。



特に子どもは

親の庇護なしで生きていくことは難しいので

「親に嫌われないようにしなくては」

という本能が働きます。


つまり親に嫌われないことが

自分を守ることにつながるのです。

親に嫌われないように、

暴力や暴言を受けないように

目の色を伺うように言うことを聞いて生きてきた子は、

大人になってからもその癖が残ります。


相手の男性から嫌われないように

自分を押し殺して相手に合わせるようになるのです。


そのため、

父親と同じような問題を抱えている男性に

魅力を感じる可能性が高い

とも言われており、

異性関係では負のループが生まれてしまいます。




自身の親子関係を見直してみる

今から過去を変えることはできませんが、

過去を認識することで

未来を変えることは可能です。


両親との関係性はどうだったでしょうか。


家庭内ストックホルム症候群になる女性の父親は

DV、泥酔、ネグレクト、ワーカホリック

など父親として

何かしら重大な問題を抱えていた

と報告されています。


父親に反発して口をきかなくなっていたり、

母親から父親の悪口を聞かされて育った場合でも

ストックホルム症候群になりやすいそうです。


父親に反発する反面同情的になるパターンです。

娘の男選びには

こうした形で母親の影響もあったんですね。


子育ては親から育てられたように

自分も子どもにしていくのですから

まずは自分の幼少期、

どのように育てられたのか

を振り返ってみてください。


父親とはよく遊んでいましたか?

母親は父親の悪口を言っていなかったでしょうか?

もしされて嫌だったことがあれば

自分は子どもにしないように意識しましょう。

無意識だとついやってしまうからです。


僕は幼少期よく父親から

ゲンコツや平手打ちをくらいました。

なので父親が手を挙げると

無意識にビクッとしていたものです。


僕は娘にはそうなって欲しくないのですが、

イライラが最高潮に達して感情的になってしまうと

ついついバシッと手が出てしまいます。

本当に無意識なんです。

こうした無意識は意識していかないと変わりません。


まずは親子関係、

そこから見つめていくと

自身の子育てにおける課題や改善点が見えてきます。




本物の愛とパチモノの愛

なぜ父親の愛が娘の恋愛観に影響を与えるのか、

僕は真剣に考えました。

色々調べて考えた結果、

たどり着いた答えは


本物と偽物がわかるようになる


ということです。


男性から本当の愛情を持って接されているのか、

それとも表面的な優しさでしかないのか、

これを嗅ぎ分ける能力はとても重要です。


表面的な優しさで陥落してしまうと

急に扱いが変わったりしても

抜け出せなくなってしまいます。

これぞまさしくサイコパストラップ


恋愛体質の子もそうかもしれません。

父親からの愛情に飢えているので

その空白を埋めようと安易に恋愛に走る


「別にそれでもいいんじゃない?」

とお考えのパパさんには何も言いません。


が、僕は娘には不当にツラい恋愛はして欲しくない

素敵な男性を見つけて幸せになってほしいので

本物の愛情をしっかり注いでいきたいと思います。




昔、香港に行った時、

精巧だけどパチモノのロレックスが

たくさん売っている出店で

販売しているお兄さんと

仲良くなって話したことがあります。

「これ、本物とどこが違うかわかるの?」

と聞いたら

「素人にはわからない。

ブランド物とパチモノを見分けるには

勘と経験だ」

とお互いカタコトの英語で

会話したことを覚えています。


本物の愛を経験したかどうか

これ重要です。

ドラマや映画、

少女漫画を見て

恋愛経験した気になってるだけじゃ

勘は養えないってことですね。


パパと娘の関係が娘の恋愛観に多大な影響を与える。

父親の責任重大、ですよ。


ここまで読んでいただいたあなたには

この記事をぜひとも読んでほしいです。






この記事を読んだ方にはこちらもおすすめです。



閲覧数:2,789回0件のコメント
bottom of page