top of page
  • 執筆者の写真コウスケ

1年以上セックスレスの夫婦が関係を改善する4つの方法



夫婦関係において

セックスは不可欠だとまでは言いませんが、

セックスレスの状態が続くと、

お互いの関係が冷え切ってしまい、

離婚まで至るというケースはかなり多いです。


我が家ももうかれこれ3年は

セックスをしていないと思います。

ちゃんとカウントしていないので

正確ではないですが、

カウントできないくらい

記憶にないということです。


僕も勉強しながら

さまざまなトライをしてきました。

その中でも関係を改善することに効果のあった方法を

4つ紹介していきます。






原因を理解する



まずは、どうしてセックレスになったのか

セックスレスの原因を理解することが重要です。

厚生労働省が定期的に実施している

「家族経済調査」や、

日本性科学会(https://sexology.jp/)が行った

性に関するアンケート調査を見ていくと

原因が見えてきます。



ストレスや疲労


「疲れているから」


という定番のセックスの断り文句は

文字通り疲れているからです。

セックスをする体力がないからです。


厚生労働省の調査によれば、

仕事や育児などのストレスや疲労が

セックスレスの原因として挙げられています。


今は共働き夫婦がスタンダードですから

夫婦が忙しい生活を送り、

日々のストレスによって

性的な関心や欲求が低下します。


性欲よりも

睡眠欲の方が生命に直結している分

優先されるということですね。



コミュニケーション不足


セックスもコミュニケーションの一つです。

これは間違いない真実だと僕は思っています。


子どもを作るためだけのセックスなら

そんなに頻繁にする必要ないわけですし

プレイに工夫も何も必要ないわけです。


日本性科学会の調査によれば、

夫婦間のコミュニケーション不足が

セックスレスの原因として挙げられています。


お互いの気持ちや欲求を

十分に理解し合うことができないため、

どうせまた断られる

と思って誘えない

ということが起こります。


我が家はこのパターンでしたね。

何度も断られるうちに心が折れるというやつです。



性的な問題


若い頃はそんなに気にならないのかも知れませんが

特に男性は加齢とともに

元気がなくなってきます。


いわゆる中折れだったり

EDというやつです。

原因は加齢だけじゃなく

食生活やストレスなど

色々あるようなのですが

まぁ、男性は悩みます。

なんでしょう、

男としての自信がなくなり

そして人間としての自信もなくなる

といった感じでしょうか。


僕の友人で

30そこそこで勃ちづらく

なってしまった人がいるのですが

彼はめちゃめちゃ悩んだ末に

薬に頼ってなんとか回復を図っていました。


性的な問題や不安がある場合、

夫婦間の性的な関係が十分に築かれず、

セックスレスにつながることがあります。


僕も精神的なストレスで

一時的に勃ちづらくなったことがありましたが

妻にも友人にも言えないものです。

だから性行為を断ってしまっていました。



価値観の不一致


夫婦間での価値観や考え方の不一致が

セックスレスの原因として

挙げられることもあります。


よくあるのが

お金の価値観や

育児への価値観の不一致です。


こうした価値観の不一致によって、

夫婦間のコミュニケーションが円滑に行われず、

性的な関心や欲求が低下することがあります。


気が合わない人やケンカしている相手と

そんな気分にならないですからね。






コミュニケーションを見直す



セックスレス状態を改善するには

コミュニケーションを改善することが大切です。

先ほど挙げた原因別に改善方法を考えてみましょう。



ストレスや疲労が原因の場合


一番簡単な解決方法は

ちゃんと休息するということです。

ちゃんと寝る

ちゃんとリフレッシュする

これがもっとも効果的です。


でも、忙しくてそんな時間がないよ

という方も多いはず。

そんな方はまず

日程を決めることをおすすめします。


突然、今夜どう?

となるから体調が整わないわけで。

夫婦で話し合って

この日にすると決めて

その日に合わせてコンディションを整える。


数日あれば睡眠だって

仕事だっていくらか調整できるはずです。


日にちを決めるというのは

デートの約束のように

ワクワクドキドキできるというのも

メリットの一つでもあります。



コミュニケーション不足が原因の場合


普段のコミュニケーションが疎かなのに

いきなりセックスなんてできるわけないんですよ。


オキシトシンという幸福ホルモンはご存知でしょうか。

セックスの際にも分泌されるもので、

別名絆ホルモンとも言われています。

セックス時の幸福感はこのホルモンなんですね。


このホルモン、

実は話を聞いてもらっている時にも出るんです。

自分の話を聞いてもらった時

気持ちいいって感じたことありませんか?

いわゆる傾聴です。


妻の話をしっかりと聞くことで

オキシトシンの分泌を促し、

ちょっとしたエクスタシー状態に

持っていくことができるということです。


つまり体の関係を始める前に

コミュニケーションによって

心の関係を構築することで

セックスレス状態から

抜け出すきっかけとなります。



性的な問題が原因の場合


先ほど紹介したように

男性側に原因がある場合ですね。


これ、解決方法は1つです。

正直に言うこと。


言いづらい気持ちもよくわかります。

しかし!!

誤解されたままでは

夫婦関係にも

溝が入ったままになってしまいます。


正直に言って理解してもらうこと

それだけです。

一緒に対処療法を考えてくれると信じましょう。


理解してくれなかったら?

まぁ、その時はその時です。




価値観の不一致が原因の場合


普段の会話や価値観の不一致が

原因であるならば、

それを解決しないと始まりません。


よくあるのがお金の価値観の違いです。

以前、次の記事で詳しく紹介しているので

こちらをご参照ください。









専門家の支援を受ける



どうしても自分たちだけで

解決が難しそうであれば

専門家の支援を受けることも考えましょう。


セックスセラピストや

カウンセラーの助言を得ることで、

夫婦関係を改善するための

具体的なアドバイスや

指導を受けることができます。

専門家のサポートを受けながら、

お互いの関係を改善しましょう。


いきなりカウンセラーに問い合わせをするのも

勇気が必要だと思います。

そんな時は参考となる情報を知ることから

始めてみてはいかがでしょうか。


夫婦再生コンサルタントによる

参考資料を読みこむことで

まずは自分一人で

解決へのアプローチを探ることができます。

↓↓↓↓↓↓↓



もうかなり深刻だ

離婚がチラついている

もうどうしたらわからない

という方は

下記のような講座を受ける方が

修復への近道です。

57日間と具体的な日数も見えているので

着実にステップを進めることができます。

特に、

セックスレス解消マニュアルという特典もあるので

本記事を読んでいる方にはちょうど良いかもしれません。

↓↓↓↓↓↓↓




従来の夫婦関係を諦める



最後に、本当に最終手段をお伝えします。

夫婦関係を諦めるという方法です。


ダメな時はもうダメなんですよ。

セックスがしたいけどできないセックスレスと

パートナーとセックスを

全くしたくないセックスレスでは

事の重大さが違います。


後者の場合、

他の相手とはできるのに

パートナーとはできない。

つまり異性としては見れない

ということなので

解消する見込みはかなり薄いでしょう。


「外で済ませてきて」


という話もよく聞きますが

それって夫婦関係としては

例外的な状態に陥っているのではないでしょうか。


潔く諦めて

別なパートナーを見つけるのも

一つの方法です。


また、新しい夫婦の形を作っていくというのも

方法の一つかと。





セックスレスでも夫婦でいる選択肢もありますし

また夫婦を解消するという選択肢もあります。


自分たちに合った形を

柔軟に考えていきましょう。





まとめ


1年以上セックスレスの夫婦が

関係を改善するために

以下の4つ方法を紹介しました。


1、原因を理解すること

まずは、どうしてセックレスになったのか

セックスレスの原因を理解することが重要です。


2、コミュニケーションを見直すこと

セックスも結局は

コミュニケーション方法のひとつです。


3、専門家の支援を受けること

自力で解決が難しい時は

専門家の力を借りるとスムーズです。


4、従来の夫婦関係を諦める

人生諦めも肝心、新しい道を模索しましょう!


セックスの価値観は人それぞれ。

夫婦で大きくズレてきてしまったら

話し合いで解決するか

パートナー解消するか

いずれにしても動き出さないと

いつまでもツラいままです。


改善したい!

と思うのであれば、

行動あるのみ!


※本記事にはPRが含まれます

閲覧数:41回0件のコメント

Comments


bottom of page