top of page
  • 執筆者の写真コウスケ

あなたは事業で成功したい?それとも人生で成功したい?人生100年時代の戦略立案のコツ

更新日:2023年3月26日



先日、犬飼ターボ作「チャンス」という本を読みました。





この作品の冒頭で主人公の泉卓也にメンターとなる弓池が尋ねます。


君は

事業で成功したいの?

それとも

人生で成功したいの?

と。


あなたはこの質問に何て答えますか?


僕はこの質問、

「仕事と私、どっちが大事?」

というバブル時代からよく聞く

地獄の質問に似ていると感じました。


事業で成功したいのか?

それとも

人生で成功したいのか?


これ、ものすごく重要な問いです。

すぐに答えを出さなくて良いです。

この記事を読み進めていくうちに答えが見えてきたら幸いです。



成功するってどういうこと?


事業での成功

人生での成功

どちらを選ぶにしても

まずは『成功』とは何か

について考えていきましょう。



成功の定義を持つ


成功という言葉を聞いてどのようなイメージを持ちますか?

タワマンの高層階に住んでいる?

田舎の小さな家で家族と犬がいる?

それとも毎月数百万円振り込まれる銀行口座?

テレビに取材されること?

知名度が高くて色んな人に握手を求められる?


成功のイメージは人それぞれです。

なのでまずは自分の成功とは何か

どうなったら成功と言えるのか

定義付けをする必要があります


目指すべき目標が定かではないと

どうして良いかわからないですからね。



Question:自分の成功とは何ですか?



お金持ち=成功者か


一般的にお金持ちを成功者としてイメージしがちであると思います。

事業で成功して社長になった

何店舗もお店を構えている

投資で億り人になった

多額の遺産を相続した


このお金を持っているかどうかという指標のみをもって

成功者と言えますか?


資産数十億あるけど妻に殺された

有名なタレントだったけど薬物中毒

主演映画がヒットしたけど自殺


こんな事例、山ほどありますよね。

果たして彼らは成功者だったのでしょうか?

やはりお金や資産を持っているだけでは成功者と言えませんよね。



成功するためには戦略が必須



日本でもベストセラーになっている

リンダ・グラットン著『ライフシフト』



この本、国民全員読んだ方がいいと思います。


翻訳本もありますが

漫画版もあるので、

活字が苦手だという方は漫画で読んでみてください。


※上記以外にも複数の漫画作品があります。



ライフシフトできる人材が成功する


ライフシフトをざっと要約すると、

人間は寿命が伸びてきて人生100年時代になる。

人生100年時代を生きていくための戦略が必要


これまでの社会は

教育→仕事→引退

という人生のレールが一本にひかれていたが

これからの社会は

仕事の途中で教育が入り、また仕事に戻るなど

マルチステージ化する。


テクノロジーの発展によって

消滅する仕事が激増する。

人生を通して学び続け、仕事をシフトし続けないと

稼げなくなる。


つまり

社会の変化に合わせて

自分も変化できる人材が成功するということです。



無形資産を作る


リンダ・グラットン先生が言うには

お金や不動産などの有形資産よりも

3つの無形資産が重要になるとのこと。



1、 生産性資産

これはこれまで積み重ねてきた

自分のスキルや知識です。


世界の金融を牛耳っているとも言われているユダヤ人は、

長い間自分の国を持っていませんでした。

そのためユダヤ人は伝統的にこの生産性資産を重要視しました。

なぜなら、知識やスキルは盗まれることはないからです。


日本一有名な大泥棒ルパン三世すら

クラリスのハートは盗むことはできても

あなたのスキルや知識までは盗むことはできません。



2、活力資産

活力資産とは健康や良好な家族・友人関係など、

やる気をかき立てる資産です。


充実した人間関係を築けている人は

高齢になってもエネルギッシュな傾向があり、

老後も充実しやすい。


考えてもみてください。

老後は若い頃のように体力もないですし

あちらこちら痛いところだらけで無理が効きません。


高齢になって旅行に行くのは

非常に体力が必要だと聞きます。


旅行に限らず

楽しいことをするためには

一人よりも複数、

そして美味しいものを食べるには

何よりも歯と胃腸の健康が重要です。



3、変身資産

変身資産とは

人生の途中で道を変更することのできる勇気と決断力です。


そのためには

自分自身についてよく知っていること、

新しいことを応援してくれるネットワークがあること、

新しい経験に向き合う姿勢があること

が求められます。


これまでの自分の成功体験や成功パターンから脱却し

新しく始めるのは非常に勇気がいる行動です。

変身することを厭わない姿勢こそ、

新たな成功に欠かせないものです。



人生で成功すること


ライフシフトを読んで感じたのは

『仕事』というのは人生のほんの一部分でしかないと言う点です。


ずーっと仕事ばかりしていた

自分の父親の姿を見てみると

すごくリアリティがありました。


公務員だった僕の父は60歳で退官後

数年の任期延長を経て引退しました。


家族を大事にした人なので

家族との関係はそこそこなのですが、

友人関係をあまり重視してこなかったためか、

友達とどこかに遊びに行く

などは一切なく

一人でパチンコに勤しんでいます。


人生100年と仮定すると

65歳で仕事を引退しても

まだ35年あるわけです。


23歳(大卒)で社会に出て65歳まで働く

現在のオーソドックスなライフスタイルだと

42年働くことになります。


働くのと同じくらい余生があると考えると

事業で成功するだけでは

人生の半分の期間しか成功したことになりません。


人間働く以外の期間が半分以上あります。

その期間も幸福な時間にすることができたなら、

人生で成功したと言えるのではないでしょうか



人生で成功するために必須の3要素



人生成功するためには以下の3つの要素のバランスが重要です。


1、お金を持っている


お金を持っていることは=成功ではない

と前述しましたが、

お金はわかりやすい成功の指標であるのは間違いないでしょう。

それは否定しません。

なので成功するための要素1はお金を稼いでいることを挙げます。



2、自由な時間がある


2つ目、それは自由になる時間です。

お金をどれだけ稼いでも

それを使う時間がなければお金はただの数字でしかありません。

稼いだお金を有意義に使うには時間が必要です。


大学生の時、時間はたくさんあったけどお金はありませんでした。

40歳になった今、

お金はある程度稼いでいるけど

仕事では責任ある立場につき、

子育てに東奔西走し、

家事に忙しく

自由な時間はほとんどありません。


大学時代の時間の余裕と

定年退職間際の金銭的余裕があったら

最高なのになぁと思います。



3、健康な体


体が資本

とよく言われます。

日々生きていると当たり前のように感じますが

健康であるということはそれだけで幸せなことなのだと

具合が悪くなるたびに思い知らされます。


歯が痛いと

どんなにスペシャルな料理でも

美味しく感じませんし、

喉が痛いと

ビールを飲む気になりません。


発熱した日には

頭がぼーっとして仕事なんてとんでもないですし

お腹が痛いと

のたうち回ってスマホを見ることすらできません。


健康だから

食事も美味しいし

遊びに行って楽しい


やっぱり体が資本なのです。



まとめ:世界平和を望むならまずは家庭を平和に


国民のために〜

社会のために〜

と大言壮語している政治家の多くが

正直申し上げて家庭不適合者です。


家に帰らず

育児は奥さんに任せっぱなし。

結果子どもがグレて逮捕。

保釈後再逮捕。

そんな国会議員もおりました。


社会問題を解決したい。

世界を平和にしたい。


志は大変ご立派です。

しかし、

家庭の問題も解決できない方が社会の問題を解決できるでしょうか?

家庭の平和も維持できない方が世界の平和を維持できるでしょうか?


家庭は最小単位の社会です。

まずは家庭という小さな社会を守り、

次に地域社会を、

さらには市町村単位、都道府県、国と

広い範囲で活躍していけるのではないでしょうか。


事業で成功するというのは、

政治家でいう政治活動で認められるということと同じです。


社会で認められたところで

それは半分だけの成功です。

退職後肩書きがなくなりゃ

居場所がないただの寂しい人になってしまうのです。


やはり、家庭でも認められなきゃ

人生の成功者とは言えません。


僕の結論は

事業で成功するのは成功の一部でしかなく

人生で成功するにはプライベートの充実が必須である

ということ。


僕は家族と共に人生で成功する道を選びます。




閲覧数:18回0件のコメント
bottom of page