• コウスケ

赤ちゃんを抱いてお出かけするときは絶対にこれ!パパにスリングを超オススメする理由



子どもが生まれる前に色々なものを用意すると思います。その中に抱っこひももあるのではないでしょうか?


僕が子どもの頃は本当にひもで背中におぶられていたようです。あれどうやっているのか僕にはちょっとわからないですが、昔の人の知恵ですよね。


それが現代ではどんどんと進化して便利なツールがたくさん販売されています。たくさんの抱っこひもがある中で、僕がオススメしたいのはスリングです。超超超超オススメです。ここまで力強くオススメする理由をご紹介します。



育児、やらされてない?



我が家も第一子目の時に購入したのは、かの有名なおしゃれ育児抱っこひも『エ◯ゴ』でした。うちは無難な黒を選びましたが色んなカラーがあって、腰に巻いてカチャッと装着するだけで楽チン。赤ちゃんが寝てしまってもそーっとおくこともできる優れものです。


ある日地下鉄の駅で電車待ちをしているパパを見かけました。彼はエル◯を使って赤ちゃんを抱いていて、僕は「お、育メンだね」と関心しつつ共感したものですが、なんだか背中が寂しそうに見えました。


「育児頑張ってます」


と背中に張り紙が貼ってあるようで、ちょっと引いて見てしまいました。◯ルゴって「ザ・育児」みたいなイメージが強く、ママが使っていると違和感がないのにパパが使っているとなんだか不似合いでした。そしてそのパパの周りだけ妙に空間ができているんですよね。


育児してますアピールが強いと言いますか、育児やらされてます雰囲気があると言いますか、パパの育児ってそんなんだっけ?と。育メンという言葉がある限り男性は育児では自立できないのでしょうか。


人の振り見て我が振り直せと申しますが、自分もきっとこんなふうに見えているのだろうかと思うとちょっと残念な気持ちになりました。



スタイリッシュ!スリング


第2子目のときに友人に紹介されて出会ったのがヘンテコな高級布・スリングでした。たかが布のくせになんでこんなに高いんだ、と最初は思ったもののエルゴなど他の抱っこひももまあまあ高いので、予算的にはそれほど変わりません。


最初は使い方が分からず、先輩ママさんに教えてもらいながらつけていました。そして鏡で見た時にびっくり。


え、なんかオシャレじゃない?


布が派手な分、特にシンプルなTシャツなどにめっちゃ合う!!アクセントとしていい。普通におしゃれとしてこういう格好している人いそう。まさかこの中に赤ちゃんが入っているとは思うまい。


あまりにナチュラルであまりにスタイリッシュ

それがスリングなのです。



両手がフリー


スリングは見た目だけでなく機能的な面でも非常に便利。

なぜなら両手が使えます。


両手が使えれば、抱っこしながら家事をすることはもちろんのこと、デスクに向かうことも可能です。


両手がフリーになっていても、抱っこしているポジションが安定しているのもスリングの特徴で、子どもが落ちる心配がありません。安心して両手を使えます。



子どもの寝やすさを追求



他の抱っこひもも両手がフリーになるのですが、スリングとの違いは赤ちゃんの安定感にあると思います。


エルゴなどの縦抱きのものは、赤ちゃんが寝るとどうしても両手両足がだらんとなりがちで、首も左右どちらかに傾いてしまいます。これ、どう見ても寝づらいですよね。さらに、成長過程の子どもにとって決して良い姿勢とは言えません。


胎児はお母さんのお腹の中にいる間、丸くなって過ごしています。生まれた後もその名残か丸くなっている体勢が楽だし落ち着くと言われています。

スリングは赤ちゃんを丸く抱っこする形状ですから、他の抱っこひものように無理な体勢をさせることなく、赤ちゃんにとっては最も楽な格好で寝ることができます


リラックスして寝られる赤ちゃんはストレスが軽減されるため、夜泣きや無駄なぐずりなどが大幅に減ります。親にとっても子にとってもスリングの最も重要な効果ではないでしょうか。



腰への負担が少ない


腱鞘炎になる

腰が痛くなる

育児中の親あるあるですね。

いずれも抱っこの影響です。こうした抱っこの影響による体の不調を軽減することができるのがスリングです。


スリングを使えば両手がフリーになるので腱鞘炎になることもありません。また、エルゴなどは腰を支点に赤ちゃんを支えることになるので、腰への負担が大きいのですが、スリングは肩と背中全面を使って支えるタイプとなります。体の部位を広く活用して赤ちゃんの重さを支えることになるため、特定の部位に負担をかけません


両手がフリーで体への負担も少ないのがオススメポイントです。



まとめ


僕がスリングをオススメする理由は以下の通りです。


①    ファッションとして使いやすい
②    両手がフリーで使える
③    赤ちゃんの健康に良い
④    大人の体に負担をかけない

親として子どものことをケアしつつも自分の体も心もケアできて、見た目も良いというのがスリングの特徴です。スリングもどんどん機能的かつ洗練されてきているように感じます。


今赤ちゃんがいる、これから赤ちゃんが生まれるという方はぜひスリングを試してみてください。断言します、絶対に使いやすいです。




閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示